毎日の積み重ねで育毛を成功に導く

薄毛改善の基本

小さな頃から、毛が固い、毛が多いと言われていた人ほど、いざ薄毛になった時のショックは大きいと思います。
実はそういった人は、髪の毛、頭皮のケアに無頓着でかなり両者を痛めていたりするものです。自分もそうでした。
まず何よりもよくないことは、髪の毛を濡れたまま放置することです。タオルで適当に拭いてそのまま眠ってしまうなどは最悪です。ちゃんとドライヤーで乾かすようにしましょう。

その際、ドライヤーを頭皮に近づけすぎないよう注意する必要もあります。熱風で頭皮にダメージを与えることにもなるので。
また、適当なボディーソープなどをシャンプーの代わりにするのもあまり良いことではありません。
低刺激のシャンプーを使い、リンスはしっかりと洗い流す。ドライヤーでしっかりと乾かすが、あまり頭皮に近づけすぎないように。

そして、規則正しい生活とバランスの取れた食事。特に睡眠は大切です。それらを実現する、意外にも薄毛が改善されたりします。

頭の洗い方で育毛できる

私は、自分の髪の毛が薄いことに悩んでいました。
家族や友人には相談しづらく、かといって病院に行くのも恥ずかしかったので、誰にも相談できず一人で悩み続けていました。

私は、大学生になるまでは、髪に関して何の心配もしていませんでした。
しかし、大学に入ってからは頭皮からフケが出るようになり、気になるようになりました。
そして、頭皮から出るフケをなんとかしようと私は、頭皮をゴシゴシと強くこするようにしていきました。

すると、フケは更にひどくなり、また髪の毛も少しづつ薄くなっていきました。
私は、どうすればよいのか分からず、また、誰にも相談できずに苦しい思いをしました。

そこで、私は、ネットでフケ対策や薄毛対策に関する記事を見ていたところ、頭皮を洗いすぎないことが大事だということを知りました。
私は、今までの強くこするようにして頭皮を洗っていたことが駄目だったんだと気づき、優しく洗うことにしました。そうすると、フケも少なくなり、髪も徐々に増え始めたように思います。

私は育毛には頭皮を優しく洗うことが重要だと思いました。

育毛剤はいつから活用すべき?

若い頃は髪の毛がフサフサで将来のことなんて考えてもいませんでした。
しかし年齢を重ね、髪の毛が抜けると脳裏に「将来もしかしたらハゲてしまうかも…。」と思い浮かぶことも増えてきました。
良く噂で「父親がハゲていなければ大丈夫」「母親の親父がハゲていなければ大丈夫」「ハゲは隔世遺伝だ」「頭皮が動かせれば大丈夫」「髪の毛が太くて丈夫なら大丈夫」など耳にすることがあります。

果たして本当なのでしょうか。ちなみに私の父親はハゲてきているのでとても不安な状況におります。
今は大丈夫でも、今後歳を重ねた時は正直不安でしかありません。
みな若い時は自分が薄毛に悩むなんてこれっぽちも考えないのですから。

私自身まだまだ若いですが、薄毛になりつつある事で悩んだ時期もありました。
そこで「ハゲる前からのヘアケアが大切」ということばを美容系のお仕事をしている方から伺いました。
そのことがきっかけとなり私はまだ20代ですが、育毛剤を使用しております。
効果は1、2回の使用で効果なんてすぐには出ないと聞いていましたので、まだ実感とまではいきませんが。
少々、髪の毛が太く強くなってきたように思います。私の気持ちの問題かもしれませんが。
しかし、これがきっと将来の為になると信じております。これからも育毛剤を信じて、使っていきたいと思います。

聞いた話によると、育毛は途中でめげないで続けることで効果を発揮するため、一度ヘアケアを考えたら最後まで頑張るという強い心を持つと上手くいくはずです。
参照:育毛剤ランキング・男性用.com

私は親を見るとため息をつきたくなるほどに薄毛の家系だということは昔から知っていたので、半ば薄毛を受け入れつつありました。しかし、駄目もとで育毛を始めて自分が思っていた以上に効果があって本当に驚いています。

個人的に感じるのは、ヘアケアには育毛剤がなくてはならないということで、これだけは他の人にもおすすめしたい点です。
私は遺伝に加えて食品工場に勤務しているという環境もあり、毎日全身を覆うためもちろん頭もしっかりガードして蒸れやすくなっています。

そんな二重の悪条件の中でもヘアケアの効果を感じたのは育毛剤の使用を始めてからなので、やはり最新の技術が込められているだけあって素晴らしいと実感するのです。
こうした生活を始めてからは洗髪も丁寧になり、ケアを行う前にしっかりと汚れを落とすことも大事だとわかってきました。

遺伝に負けない薄毛予防を実践

私の父と祖父は薄毛です。そんな彼らの血を引いている私は、いつか自分にも抜け毛が襲ってくるのではないかと戦々恐々としています。でも何もせずに薄毛を受け入れるわけにはいかない為、出来る限りの予防を実践してみようと思い立ちました。

まずは、薄毛は遺伝をするのかという所から調べてみました。
結論からいうと、薄毛自体は遺伝しませんが、体質は遺伝するということみたいです。
男性の薄毛の原因でもっとも多いのが「男性型脱毛症(AGA)」です。これは薄毛に影響する、強力な男性ホルモンが多く生成された場合に起きます。

この「男性ホルモンを多く生成する体質」は遺伝するため、薄毛は遺伝すると言われているようです。
しかし、これは亜鉛を多く含む物、ノコギリヤシやオウゴンエキスを摂取することで、生成の抑制効果があるとされている為、これらを摂取すれば、薄毛予防にはなると思われます。

しかし、薄毛の原因はこれだけでなく、乱れた食生活、不規則な生活、頭皮のケア不足、飲酒・喫煙、ストレス等も挙げられます。
これらを全て完璧に整えるとなると無理がある為、できる事からコツコツと習慣付けていこうと思い、少しずつ生活に取り入れているところです。

私はまだ薄毛であるわけではないので、直接的な効果はわかりません。でも、最近髪にコシが生まれたような気がしています。美しい髪になる為の効果もあるようです。
将来、薄毛で悩まなくていいように、早めの薄毛ケアをこれからも続けていきたいと思います。

様々な育毛を試して最後に辿り着いたもの

髪の毛の後退に危機を感じてから育毛と呼ばれる方法は大体試してみましたが、今もずっと使っているのは育毛剤によるヘアケアのみです。手を尽くして他にケア方法が見つからなくなったころに半信半疑で育毛剤の使用をスタートしたけれど、その後何年も続くくらい日課になるとはこのときは思いもよりませんでした。

私がそんなギリギリになるまで育毛剤の使用をためらっていた理由は二つあり、ひとつは塗ったときの匂いと、それに加えて肌に合うかという悩みがあったからです。
ただ、この私の先入観は使用してみてすぐにどこかへ消え去り、むしろ普通のシャンプーより頭皮に優しいんじゃないかと思うくらいでした。

働いているため人に会わない日はないから匂いが気になるならその時点でやめようかと思っていたものの、手に吹きかけてみて軽く顔に近づけてもほぼ無臭で全く問題はないとわかったのです。
また、長年使ってもそれに起因する炎症やかぶれなどは自分の身に起きたことはありませんし、育毛剤は自己主張が控えめながらも髪の毛を育てるのには強いパワーを秘めていると感じました。

できることから育毛努力!

生え際が・・・おでこが、頭のてっぺんが・・・気になりだしてきた。なんて方も少なくないと思います。
毎朝鏡を見ては自分の薄毛を見てため息ついているだけじゃ、心にも悪いと思います。
AGAの対策は早い方がいいということでできることはやってみようと思います。

とはいえ、完璧にやろうとすると毎月医者にかかったり、高い薬を飲んだりと、莫大な時間とお金がかかるようです。ですので、気軽にできて、毎日継続できるようなことをやってみようと思います。

僕が現在やっているのは「ワックスを使わないこと」と「お風呂でのマッサージ」です。
ワックスを使うと髪型はカッコよく決まりますが、髪の毛を無理やり固めるので、毛根にとてもダメージがかかっているそうです。
とはいえ身だしなみとして整髪はしなくてはいけないので、僕はヘアリキッドを使い始めました。
化粧水のようにサラサラしたもので、自然に整髪できるのでこれならダメージも軽減できそうです。

そして、毎日、入浴時にきになる生え際を指でマッサージしています。やりすぎは禁物ですが、入浴での血行促進と相まって効果があるみたいです。

体調が良いと髪も増えますね

体調管理をしっかりすることが育毛には大切です。
体調が悪化している時には髪が薄くなっていますし、元気があるときは髪が濃いと思います。これは今まで生活してきて実感をしていることです。

ご飯をしっかり食べることも重要かもしれません。体をしっかりと作らなければ育毛をすることは難しいのです。
髪はタンパク質からできていると聞いたことがあります。
そうなので肉をしっかり食べたいと思いますね。そうしているうちに体調も改善されてくると思います。

頭皮マッサージをすることも考えました。お風呂に入っている時にしっかりシャンプーをすれば問題はありません。
髪を洗う時に頭をしっかりとこすっています。そうしているうちに髪が増えてきます。
ストレスを少なくすると育毛になります。勉強や仕事を頑張るのはいいのですがそれで悩んでしまうと逆効果です。
髪を増やすにはストレス解消と食事をしっかりとするということを心がけて生活をしていくことですね。

育毛やヘアケア用品について

髪の悩みに役立つのが育毛やヘアケア系の商品ですね。
どちらも価格、効果などが違っているので適したものを選ぶ必要があります。とはいえ初心者はまずは情報を集めることが先決です。

売れている商品が必ずしも良いとは限りませんし、通販サービスを使ったほうが良い事も多いです。
使い勝手が良くてオススメなのは育毛剤です。手軽に使えるのがポイントで使用を続けるのが苦になりません。
また育毛剤は口コミサイト、比較サイトなどもあるので商品情報をリサーチしやすいのも特徴です。
価格もピンからキリまであるので注意して選びましょう。

ヘアケアに関する商品はかなり多様化が進んでいるので全てを把握するのはちょっと難しいです。
頭皮を刺激する商品などもヘアケアにあたるので、気になる人はチェックしておきましょう。ちょっとしたヘアケアグッズなら格安で買えますよ。
ちなみに髪は脂、汚れなどが良くない影響を及ぼすこともあります。綺麗に保つこともまたヘアケアといえます。

若髪危機一髪

少し昔の話ですが、20歳の時に勤めていた会社を辞め、1年ほどニートをしていた時期があります。
食生活がカップラーメンや外食に偏り、運動も全くせず、不健康に過ごしていました。
体重は全く変わらなかったのですがおでこから少し上にタバコの吸い口位のハゲができてしまいました。

全く経験がなかったので非常にショックで色々検索してみましたが当時どのサイトにも最終的に書かれていたのが[そのことについて(ハゲ)考えることや想像することが症状の悪化につながる]とあり八方ふさがりでした。
仕事を辞めていたこともあり育毛剤は資金的に難しくないなりに色々試すこととなりました。

ワカメを食べたり、洗髪に気を遣ったり、寝る時間など試行錯誤を繰り返しましたが、効果は出ず。
そうしてる内にハゲている部分が赤みを帯びていることに気づきました。

もしかすると、ハゲているのではなく何か炎症を起こしてるのかもしれないと思い試しにオロナインを塗ってみた所、1週間もしないうちに赤みが引きその次の週にはなんと新しい髪が生えてきた!という事がありました。
私の場合、不規則な生活をしていたためにこんな事が起こってしまいました。
これを放置していたらと思うとゾッとします。

私は何とかこの方法で危機を回避できましたが、もし炎症など起こしている場合は一度医者に行った方がいいかもそれません。
炎症が広がってしまっては大変です。
規則正しい生活、栄養の整った食生活を送る事が頭皮、そして体にもとてもいい事。
大切な役割を果たしているんだと実感しました。